""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
足尾から水俣・丹沢、そうして福島原発へ (忘れてはならないこと)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
第一章:足尾=日本の公害の原点
・足尾銅山の鉱毒と煙害

 日光の南、栃木県最西部に位置する足尾の銅山は16世紀半ばに発見され、江戸時代前期には幕府直轄の足尾銅山として 活況を呈するようになった。しかし、江戸末期になると産銅量が減り、廃鉱同然になっていた。明治維新後は新政府の管理下 におかれたが、1877年(明治10)に経営権を取得した古川市兵衛により採掘が開始された。1884年(明治17)に大鉱脈が 発見され、産銅量が飛躍的に伸びていった。全国の産出量の40%を超え、日本の近代化に大きく貢献した。
 その反面、周辺の山林を資材用に伐採、精錬所から排出される煙害(亜硫酸ガス)により山の木々が枯れ裸地化が進んだ。保水力をなくした 山は洪水の発生源になり、渡良瀬川に流れ込んだ鉱毒(硫酸、アンモニア、亜硝酸、銅など)で魚が死に、下流の田畑に影響が出るようになった。1890年 (明治23)に大洪水に見舞われた村では足尾銅山の鉱業停止要求を栃木県知事に上申、帝国議会では田中正造が「公益に害あるもの」として 足尾銅山の鉱業停止を求めて農商務省を追求した。
 1896年(明治29)に未曾有の大洪水が発生、被害農民は示談から政府に鉱業停止を求める直接行動を行うようになる。1901年(明治34) には議員を辞職した田中正造が天皇に直訴、足尾銅山の鉱毒被害が広く知れ渡った。

《足尾銅山・精錬所大煙突》
しかし、日進・日露戦争に向かう富国強兵時代だったため、足尾銅山の鉱業は継続され被害は拡大、渡良瀬川下流の谷中村には鉱毒を 沈殿させるための遊水地工事が始まった。
 1916年(大正)には銅山の好況により足尾町の人口は38,428人に達した。1956年(昭和31)、自焙精錬法を導入し亜硫酸ガスの排出がようやく解消された。1973年(昭和48)、足尾銅山が閉山、銅山発見以来 360年の歴史に幕を閉じた。2005年(平成17)の人口は3,266人。
 足尾銅山の治山事業は「足尾官林普及事業」として1897年(明治30)から始まり、国、県、足尾町(現在は日光市)で自然の復旧作業が続けられてきた。1996年(平成8)からは市民ボランティア「足尾に緑を育てる会」 も加わり、官民一体となった植樹・治山事業が続けられている。「足尾の山に100万本の木を植えよう」を合言葉に、春の植樹デーには1,500人を超える人が参加、山に緑が甦り始め、カモシカやクマの姿も見られるようになった。
 鉱毒と煙害の被害が問題になってから120年以上を経過して、ようやく自然と人の暮らしの回復の兆しがみえてきた。鉱毒被害住民のために命を懸けて闘った政治家・田中正造が存在したことが、 これからも足尾を支えてくれるように思われる。

《足尾銅山上流、松木沢流域の山並み》
*この文は、フォト・ルポルタージュ『日本の山の34年』(随想舎)2010年11月5日発行、に掲載したものを訂正加筆、
  写真は2010年4月14日に撮影したデジタル画像をモノクロに変換したものです。  足尾の略年表
戻る水俣へ

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""