ようこそブナの森へ

《雨季のブナ林》
雨季のブナ林は生き生きとしている。ブナの幹に着生した苔や地衣類が描き出す幹模様は、コントラストがついて鮮やかに見える。しっとりさわやかな、本来の自然を取り戻しているようだ。若い頃に足しげく通った丹沢は、相模湾から湿った空気が流れ込むので、ブナ林はいつでも霧や雨に濡れ、しっとりとした静かな雰囲気だった。そんな丹沢のブナ林を、雨季の只見町のブナ林で巡り逢ったような気がしている。
2018年6月28日撮影 梁取のブナ林(福島県只見町)

扉写真の履歴


ブナの森を歩いていると、不思議なことに出会います。
そんな自然の不思議にびっくり仰天してしまいましょう。

自然は理解するものではなく、心躍らせるもの。

フィールドは日本海側の南会津、太平洋側の丹沢です。
この2つの山域を歩いて、日本の自然の不思議さ、面白さ、
そして大切さを再認識したいと思っています。
ひととき、おくつろぎください。







登山口
【ここからお入りください】



開設 2000.04.01最終更新日 2019.7.16
Copyright(C)2006 Sumio Suzuki
+3680