""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
岩手県宮古市田老
2011年6月30日(木)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
世界一長い津波堤防

「万里の長城」とも称されたX字型の防潮堤。高さ10m、総延長2500m。

宮古市田老(旧田老町 2005年に合併)は1896年の明治三陸津波、1933年の昭和三陸津波で大きな被害を受けました。高台移転の代替地が少なかったことなどから、 津波被害を防ぐために1934年から防潮堤整備工事が始まりました。 1960年のチリ地震では死者は出ず、住民の信頼は高まりました。今回の大津波では東に延びる防潮堤は 破壊されましたが、防潮堤の大部分は残りました。が、津波が堤防を越えてしまいました。
防潮堤だけで津波を押さえ込むのは難しいので、津波を受け流し力を分散させなければなりません。 それにはどうすればいいのか?有識者会議の向こうを張って、頭が柔らかく発想が自由な子どもたちに集まってもらって「田老子ども会議」を開催、意見を出してもらったらいいのかも知れません。

田老の記載なし(広辞苑第六版)
田老町(たろうちょう)は、岩手県下閉伊郡に置かれていた町である。旧東閉伊郡。リアス式海岸の湾の奥に位置し、幾度も津波の被害を受けているため、 「万里の長城」とも称される総延長2.5kmにも及ぶ高さ10mの防潮堤を建設するなど、津波に対して強い街づくりを進めていた。人口4,571人(2005年6月1日)。 2005年(平成17年)6月6日 - 宮古市、新里村と合併し、宮古市が発足。 (ウィキペディア)

宮古市http://www.city.miyako.iwate.jp/
東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html


津波に負けない強固な造り

防潮堤の分岐

防潮堤の山側

防潮堤の海側、東に延びる防潮堤があったあたり

田老の案内図


防潮堤の上をカメラ2台をぶら下げて歩いてゆくと、向こうからおじさんがやって来ます。挨拶をしなけばと 思っていると、その人は防潮堤から降りてしまいました。こんどはおばさんがやってきましたが、同じように降りてしまいました・・・。

戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""