""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
福島県南相馬市
2014年10月21日(火) 
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
国道6号線の放射線量

常磐道・富岡ICから国道36号を通り国道6号へ。この地図は、国道6号を車で走行しながら車内で測定した10秒ごとの線量を
マッピングしたもの。測定器はHORIBA Radi PA-1100(通信機能付き)。
帰宅困難区域になっている大熊町、双葉町、浪江町のデータで、一番高い値は7.018μsv/h(61.478msv/y)(車内)でした。

国道6号 3年半ぶり全線開通ー河北新報オンライン 2014年9月15日
 福島第1原発事故後、通行規制が続いていた福島県富岡町−双葉町間の国道6号(14.1キロ)が、15日午前0時に自由通行に移行した。帰還困難区域を走る区間の規制解除で、3年半ぶりに全線通行が可能になった。解除に合わせ、南北にあった検問所を撤廃し、脇道の進入を防ぐバリケードを沿線に設置。通行できるのは自動車のみで、バイクや自転車、歩行者は通れない。6号に接続する富岡町内の県道小野富岡線(1.7キロ)も同時に規制解除した。富岡町の検問所では14日午後11時54分、いったんゲートを閉じて道路を封鎖。検問の設備を撤去した後、15日午前0時にゲートを開けた。  区間内の平均空間放射線量は毎時3.8マイクロシーベルト。最大値は大熊町内の毎時17.3マイクロシーベルトと線量が高い場所が残る。内閣府原子力災害現地対策本部の有倉陽司参事官は「不要不急の通行は避け、通行時は車を閉め切ってほしい」と呼び掛けた。帰還困難区域内の通行はこれまで、復興事業や避難区域を抱える自治体の住民の車両に限られていた。全面開通で「経済活動の活発化や復興加速につながる」(遠藤智広野町長)と期待が集まる一方、犯罪の増加などを懸念する声も出ている。


一般車が通れるようになった6号線は、交通量が多く普段と変わらない街並みも残されていました。ところどころに警察官や警備員が立ち、復旧作業も行われていましたが、住民はみんな避難した無人の街。自然も家もきれいな姿でも、放射能に汚染されると暮らせなくなる、という重苦しい現実。この街に暮らしていた人の声に耳を傾けるしかない、ように思われました。
今回は南相馬市周辺で宿が取れなかったので、ゆっくり出来ませんでしたが、南相馬市と新地町に立ち寄りました。宿は仙台多賀城。


2014年2月3-5日の様子はこちらから
2013年4月15-16日の様子はこちらから
2012年5月16-17日の様子はこちらから
2011年6月7-8日の様子はこちらから

みなみそうま【南相馬】福島県北東部、太平洋に面する市。相馬野馬追が行われる地域の一つ。南部の小高区はもと相馬氏の本拠地。人口七万三千。(広辞苑第六版)
南相馬市(みなみそうまし)は、日本の太平洋沿岸北部、福島県に所在する市である。いわゆる「平成の大合併」における原町市と小高町、鹿島町の3市町村 の合併によって2006年(平成18年)に誕生した。同県いわき市と宮城県仙台市の中間に位置する。(ウィキペディア)
南相馬市http://www.city.minamisoma.lg.jp/  

新地町(しんちまち)は、福島県相馬郡北東部にある町。浜通りの最北端に位置する。(ウィキペディア)
新地町http://www.shinchi-town.jp/  

東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html

【南相馬市】
小高区

JR常磐線・小高駅。まだ未開通の区間。

小高相馬神社
小高区役所のモニタリングポストの線量は、0.095μsv/h。福島知事選の垂れ幕(10月26日投票)が設置されていました。

渋佐海岸

海岸堤防の復旧作業が始って、海岸には近づけなくなっていました。

周辺はセイタカアワダチソウの群生におおわれています

根元を津波に洗われた植林地

真野小学校(鹿島区)

被災した真野小学校は2014年3月末で閉校、4月から鹿島小学校に統合し、141年の歴史に幕を閉じます。
ー南相馬市ホームページから

右田浜

こちらも海岸堤防の復旧作業が始って、立ち入り禁止!

かしまの「奇跡の一本松」のそばには駐車場スペースあり


右田浜の途中にある「みちのく野球場」。観客席から周辺が眺められたのですが、復旧工事のため立ち入り禁止になっていました。

【新地町】
釣師浜方面

海岸方面は、立ち入り禁止!。津波被災地にはセイタカアワダチソウが蔓延っています

広大な津波被災地で、JR常磐線の復旧工事?

役場近くの嵩上げ工事
福島県浜通りの最北端・新知町は3.11東日本大震災の被害が大きかったところですが、報道されることがほとんどないので、現状を見に立ち寄ってみました。 海岸から2Kmほどの町役場近くまで、津波被災地が広がり、JR常磐線の復旧作業や宅地用の嵩上げ作業が行われていました。

動画・被災地を歩く(66)
南相馬市渋佐海岸  (36秒)
南相馬市右田浜  (54秒)
相馬郡新地町  (39秒)

戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""