""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
岩手県北部
2016年3月23日(水)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
普代村
普代水門

水門の下流側は整地されていました

普代川河口部に設置された水門。高さ15.5m、幅205m(2011.6.30)

普代村は明治三陸大津波で302人、昭和三陸大津波で137人の犠牲者がありました。津波被害から村を守るため、1947年から村長を務めた和村幸得さんが 当時は一般的だった堤防の高さ10mではなく、15m級の高さにこだわりました。和村村長の切実な訴えが実り、この普代水門と普代港に造られた防潮堤 (太田名部防潮堤 高さ15.5m、総延長155m)によって、高さ20mの津波被害を最小限に食い止めることができました。(岩手日報より)

普代川河口右岸のマツ林は津波で壊滅、その跡地はきれいに整地され、左岸では新しい施設が建設されていました。普代湾は海水浴場だったので、 早めの復旧が望まれているようです。
岩手県内沿岸部では、田野畑村にきれいな復興住宅ができていました。宮古市から陸前高田市では、海岸堤防や嵩上げの大工事が行われていて、 落ち着いて撮影するような雰囲気ではありませんでした。大型トラックなど工事車両が多く、あちこちで渋滞していました。

普代川河口

マツ林の跡地は整地されていました

津波で壊滅したマツ林(2011.6.30)

普代川右岸の魚のモニュメント?

左岸では施設建設中

太田名辺
普代川河口と太田名辺漁港は、トンネルで結ばれています

太田名辺防潮提。高さ15.5mの防潮堤が大津波を防いでくれました

防潮堤に守られた集落

普代村(ふだいむら)は、岩手県にある太平洋に面した村である。(ウィキペディア)
普代村http://www.vill.fudai.iwate.jp/

東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html

田野畑村

「ホテル羅賀荘」

(2012.10.17)

復旧した三陸鉄道北リアス線

(2012.10.17)

田野畑村(たのはたむら)は、日本の岩手県下閉伊郡にある、太平洋に面した村である。
(ウィキペディア)
田野畑村http://www.vill.tanohata.iwate.jp/

大槌町

浪板海岸、三陸花ホテルはまぎく

以前の名前は、浪板観光ホテル(2011.6.30)

大槌町(おおつちちょう)は、日本の岩手県上閉伊郡に所在する町。縄文時代の遺跡が多く見られる、太平洋に面している町であり、現代では、振興山村、辺地、過疎地域の指定を受けている。1973年(昭和48年)4月には、東京大学海洋研究所国際沿岸海洋研究センターが開所している。(ウィキペディア)
大槌町http://www.town.otsuchi.iwate.jp/
【動画】
普代村・普代浜(YouTube 37秒)
戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""