""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
千葉県旭市
2011年7月22日(金)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
千葉県の津波被災地

飯岡行部岬展望台から飯岡漁港(手前)と飯岡海岸を望む。旭市の飯岡地区が津波による大きな被害を受けた。

2005(平成17)年7月1日、旭市・海上町・飯岡町・干潟町が合併して、新しく旭市が誕生しました。震源から遠く離れた旭市の海岸にも津波が到達し、特に飯岡地区は大きな被害を受けました。
【7月21日現在の被害は、死者14人、行方不明者1人、住家全壊334、大規模半壊426など】
飯岡海岸は犬吠崎から西に延びた海岸線が湾のように凹んでいるので、犬吠崎を回りこんだ津波が大きくなるような地形になっているようです。海岸沿いを走る県道30号(九十九里ビーチライン) 沿いの市街地では、流された家が撤去されて更地になり、残った家やビルの復旧作業が急ピッチで行われていました。
九十九里浜沿いには海水浴場が続いていますが、各自治体では津波で海底の状態が悪化しているので海水浴場は開設しないようです。自己責任で海を利用してください、という看板が立てられていました。

あさひ【旭】千葉県北東部、九十九里浜北端の市。近世、米と海産物の集散地として繁栄。十日市場とも呼ばれる。人口七万一千。(広辞苑第六版)

旭市(あさひし)は、千葉県の北東部にある市。人口は約7万人。九十九里浜の最北端に面しており、夏季には海水浴客で賑わう。 (ウィキペディア)

旭市http://www.city.asahi.lg.jp/
東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html


飯岡海岸のこの防波堤を越えて津波が市街地を襲った。県道30号線沿いの被災した住家の復旧作業が行われている(旭市萩園)

飯岡海岸の瓦礫集積場(旭市横野)
海岸沿いに生育している松林沿いが瓦礫集積場。集積した瓦礫をどう処理するのか、が大問題?

【九十九里浜の海水浴場】今年は自己責任で!

木戸浜(横芝光町)

木戸浜(横芝光町)

蓮沼海岸(山武市)
飯岡海岸のサーファー
(旭市)

【海岸の松林】
防潮、防砂に力を発揮してくれる、と信じて!
海岸と陸地の境界に生育する松林。植栽されたものではなく、長い年月を経て形成された樹高が低く密生した 原生の林なので、津波にも強いはずだ。(蓮沼海岸・山武市)



海岸沿いに延々と続く松林は、海岸と陸との境界線を作っています。樹高が低く密生したクロマツ林で、自然状態では幅は50m以上はありそうです。 津波の防潮効果も大きく、潮焼けしても自然によみがえってくれます。今回の大津波は、この松林のような柔構造で津波の力を弱めることの必要性を教えてくれました。強固な堤防だけでは防げない自然災害には、柔構造(自然)との組み合わせが求められそうです。
左上:海岸へ続く道の松林、左下:津波に見舞われた松林(どちらも蓮沼海岸)、右側は松林と防護ネット(飯岡海岸)

戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""