""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
茨城県南部
2011年7月27日(水)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
鹿島臨海工業地帯(神栖市、鹿嶋市)周辺の液状化被害

液状化で波打った道路ー鹿島北港側

鹿島臨海工業地帯は、世界最大の掘込式人工港・鹿島港を中心に昭和30年後半から開発が進められました。現在は約160の企業、従業員2万2000人の茨城県下最大の工業集積地で、周辺には、農業地域や住宅地、緑地、公園などが計画的に配置されています。
東日本大震災の強い揺れ、押し寄せた津波の衝撃や冠水によって、プラント設備や共有インフラが損傷し、操業停止に追い込まれた工場や発電所が続出しました。化学製品の主原料になるエチレンプラントは5月20日(第2プラント)、6月30日(第1プラント)に運転再開しました。 そのほかのプラントも順次再開しているようです。
臨海工業地帯周辺では液状化の被害が顕著で、神栖市ではライフラインが止まり、特に上下水道の復旧に時間がかかっているようです。 神栖市に住んでいた人の話では、「当日は雨の中、子供たちを連れて高台に避難。津波の影響は無かったものの1ヶ月間は 水が出なく大変でした。道路は波打ち、液状化で傾いた家もありました。」

かみす【神栖】茨城県南東部の市。鹿島臨海工業地帯の域内で、鉄鋼・石油を中心とした重化学工業が盛ん。人口九万ニ千。(広辞苑第六版)
神栖市(かみすし)は、茨城県の最東南端に位置する市である。隣接する鹿嶋市とともに鹿島臨海工業地帯を形成する。鹿嶋市・潮来市・鉾田市・行方市とともにJリーグ鹿島アントラーズのホームタウンである。 (ウィキペディア)
神栖市:http://www.city.kamisu.ibaraki.jp/

かしま【鹿島】茨城県南東部にあり、鹿島灘に臨む市。鹿島神宮の門前町。掘込み式の鹿島港を中心に、臨海工業地帯が成立。人口六万四千。行政上の市名は「鹿嶋市」と書く。(広辞苑第六版)
鹿嶋市(かしまし)は、関東地方東部、茨城県南東部に位置する市。鹿島臨海工業地帯を擁する工業都市である。 常陸国一宮である鹿島神宮の門前町として栄えた。現在は神栖市とともに重要港湾である鹿島港を中心とした鹿島臨海工業地帯を形成し、住友金属工業の企業城下町として鉄鋼企業を中心に工業が盛んな都市である。 (ウィキペディア)
鹿嶋:http://city.kashima.ibaraki.jp/

東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html

【神栖市の液状化被害】



*神栖市に隣接する鹿嶋市・潮来市でも液状化の被害が報告されている。

【鹿島港の津波被害】

鹿島港魚釣園・鹿島北港(鹿嶋市)

津波の置き土産?鹿島南港(神栖市)
この防波堤沿いの車道は液状化の被害はなく、津波もこの防波堤が防いでくれたようだった。

鹿島港では1.5m級の津波が襲い、岸壁や建物の損壊、コンテナが内陸に流されたりという被害が発生した。 それでも人的被害が最低限だったのは、津波の規模が小さかったことが大きいと思われるが、工場の従業員・家族は統制は取れた避難が出来た、という こともあったのかも知れない。 建造物が壊れたって、元通りの元気な人間がいれば復旧、復興も大丈夫なのだと思う。

戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""