""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
茨城県北部・津波被害
2011年8月4日(木)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
日立港の津波被害

津波に流された瓦礫の処理がはかどらない日立港、後の青いフェンスの奥に集積場。
遠くのテトラポットがおもちゃのように壊されているのを見ると、津波の途方もない力を思い知らされる。

原子力施設が集中している東海村を車で走れば、立派な正門ばかりが目について被災状況は判りません。でも、津波で50台以上の車が流されて炎上したり、 地震で付近の道路が不通になったり、大きな被害がでていたようです。この東海村を起点に、日立市から北茨城市の海岸沿いの道路を走ると起伏に富んでいて、 海岸も砂浜と切り立った岩壁がくり返しているようです。
お店や会社などは通常の営業が戻っているようですが、地震による瓦屋根の損傷家屋がどこまで行っても点在し、港の津波被害の回復はまだ時間がかかりそうでした。

ひたち【日立】茨城県北東部、太平洋に面する市鹿島灘に面する市。日立鉱山を中心にして発達。電気機器・機械などの工業都市。人口十九万九千。(広辞苑第六版)
日立市(ひたちし)は茨城県の北部の市。市域の大半は旧多賀郡で一部は久慈郡である。総合電気メーカー・日立製作所の創業の地として知られる。 (ウィキペディア)
日立市:http://www.city.hitachi.ibaraki.jp/

きたいばらき【北茨城】茨城県北東端の市。常磐炭田の南部の中心地の一つとして発展。五浦(いずら)海岸は景勝地として知られる。人口五万。(広辞苑第六版)
北茨城市(きたいばらきし)は、関東の北部、茨城県の北東端にある市。観光面でも、県内の他の市町村よりも福島県いわき市と提携する傾向が大きい。 野口雨情の出身地であり、岡倉天心が愛でた五浦海岸を抱えるなど、美的な景勝地が多い。(ウィキペディア)
北茨城市:http://www.city-kitaibaraki.jp/

東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html

【伊師浜海水浴場】(日立市)

国民宿舎が建つ鵜の岬に近く、「快水浴場百選」や「日本の白砂青松百選」に認定されている。
海水浴最盛期なのに、あまりにも人が少ない!

【大津港】(北茨城市)

津波に見舞われた大津港

港の後には山が迫る地形(大津町)

大津港は津波によって防波堤が150mにわたり決壊、漁船や漁具が打ち上げられました。 一人が行方不明になり、家屋倒壊により一人が亡くなくなりました。無人の港のあちこちに魚網や丸い浮きが山積みされ、悲しみに沈む 漁港という印象でした。港が復旧するまでは、なにかしらボランティアの助けが必要なようにも感じました。

【五浦海岸】(北茨城市)

津波に流された六角堂は、「当分の間休館します」

五浦海岸の断崖

五浦海岸は高さ50mの断崖絶壁と入り江、黒松林で知られる景勝地。日本の渚百選、日本の音風景100選、茨城百景、日本の白砂青松100選に 選ばれています。海岸べりに建てられていた岡倉天心設計の文化財・六角堂は、土台だけを残して流失しました。津波と地震の被害を受けたホテル、民宿では復旧作業が行われていました。 東日本大震災で被災した文化財は443件(4月13日現在)、人命救助が最優先のため修復が進まず、修復が不可能なものも少なくないようです。

戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""