""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
決壊した藤沼ダム
福島県須賀川市江花  2011年5月2日(日)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

地元の人が様子を見に来ていました

東日本大震災が発生した3月11日、福島県内陸の須賀川市の藤沼ダムが決壊しました。藤沼湖の泥水が一気に流出、江花川下流の長沼地区で 7人が亡くなり1人が行方不明。住宅の全壊19戸、床上・床下浸水55戸という大きな被害が発生しました。
藤沼ダムは土を盛ってコンクリートブロックで覆って造られた灌漑用のダムで、高さ18b、幅133b、総容量は150立方b、1949年に竣工しました。


2012年1月26日(木) 朝日新聞(朝刊)社会面
震災で決壊のダム 盛り土の強度原因
 福島・須賀川の藤沼湖
東日本大震災で死者、行方不明者計8人を出した福島県須賀川市の農業用ダム「藤沼湖」の決壊について、原因を調べていた県の検証委員会は25日、 「強く長い地震動で、砂の混じった土で造られた上層部の盛り土の強度が低下したことが決壊の原因」とする最終報告をまとめた。
藤沼湖は、高さ18b、幅133bのダムが農業用水をせきとめていた。昨年3月11日の地震による決壊で約150万dの水が下流域の集落に押し寄せ、14歳から89歳の 男女7人が亡くなり、1歳の男児の行方は今もわからない。
決壊に至った原因について、地震発生時のダムの揺れが現代の耐震設計基準の3倍近くだった。1949年に造られ、近代的な工法と比べると盛り土の締め固め方が 弱かった、などと判断した。ただ、委員長の田中忠次・地域環境資源センター理事長は「現行の安全基準に照らして特別な対策が必要な状態ではなかった」とし、 これまでの改修工事や管理についても「やるべきことはやっていた」と述べた。


決壊した藤沼ダムから200bほど離れた側壁の崩壊

水が抜けた藤沼湖

小篠溜池(おしのためいけ)
山梨県大月市  2008年11月8日(土)


JR中央本線鳥沢駅から南東へ2`ほど、高畑山、倉岳山の山麓にある灌漑用のダム、決壊した藤沼ダムと同じような造りのダムのようです。 地震が起きたら大丈夫かな、と心配になります。
高さ27.4b、幅111b、総容量は141立方b、1927年着工、1949年に竣工したアースダム(土堰堤)です。小篠溜池は「ダム便覧」に掲載されている名称で、 池は小篠貯水池と呼ばれています。


鳥沢駅方面から望む小篠溜池(赤印)

戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""