""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
ちょっと一息 海岸の植生
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
有史以前から津波に見舞われてきた海岸の自然から学ぶこと


伊師浜海岸・碁石浦(茨城県日立市 2011/8/4)

日本の海岸は遠浅の砂浜と岩場、断崖がくり返しているようです。山地の谷が侵食され、海に沈んで湾が連なる リアス式海岸も各地で見られます。海岸は波に洗われ、津波も押し寄せて来たので、海岸の自然は津波にも強い植物が生育しているはずです。これらの植物から 津波への対処の仕方を学べるかも知れません。

【砂浜の植生】


砂浜に群生するハマヒルガオ(高浜海岸 茨城県高萩市 2011/8/4)

ハマヒルガオの花(舞子浜海岸 
福島県いわき市 2011/6/9)

コウボウムギ(高浜海岸 茨城県高萩市 2011/8/4)

コウボウムギの実(高浜海岸 茨城県高萩市 2011/8/4)

ハマゴウ(大洗海岸 茨城県大洗町 2011/7/27)
【海浜植物】
砂浜に群生する植物は、山ばかり歩いていた私にとって新鮮な光景です。小さい葉や花でも力強さを感じます。
遠浅の砂浜は高潮をかぶったりしているので、 津波も通り過ぎるだけで被害を受けることはなさそうです。こういう砂浜を這うように生育し可憐な花を咲かせる植物が、高波や津波の力を弱めてくれるのかも・・・?




ハマナス(舞子浜海岸 福島県いわき市 2011/6/9)

ハマニガナ(高浜海岸 茨城県高萩市 2011/8/4)

【砂浜と陸地との境界線】


蓮沼海岸の松林(千葉県山武市 2011/7/22)

舞子浜海岸の松林(福島県いわき市 2011/6/9)
【自然の防波堤】
砂浜沿いには幅100m以上の松林(クロマツ)が延々と続いていました、かつては。背丈が低い密生した、高山のハイマツ帯のような松林になっています。この松林は全体で高潮に対処する防波堤の役目を果たしていたようです。 松林の海側に防波堤が作られていますが、陸側に作ったほうが津波への対処力が増しそうな感じがします。





密生した松林(鹿島海岸 茨城県神栖市 2011/7/27)

松林の内部(蓮沼海岸 千葉県山武市 2011/7/22)

普代浜の松林(岩手県普代村 2011/6/9)

浪板海岸の松林(岩手県大槌町 2011/6/9)

上の写真のように、岩手県で被災した松林では、幹が折れているものが多いようでした。植えられた松は1本1本が独立していて、 松林全体でスクラムを組んで津波に対処できなかったためのようです。 幹がへし折られるのは、根張りが強く幹が弱かったためなのでしょうか。山で根こそぎ倒れた木を見ることが多いので、幹が折れた木が点在する浜辺は妙な感じがする光景でした。

【海辺の断崖】


断崖の上に灯台が建つ犬吠崎(千葉県銚子市 2011/7/22)

伊師浜海岸林(茨城県日立市 2011/8/4)
【断崖の植生】
断崖の上は潮を浴びることがないので、木々はすくすく育っているようです。クロマツが主要な木で、伊師浜海岸林にはイブキ(ヒノキ科)も生育しています。 マサキ、ウバメガシ、トベラなども生育し、高木〜低木が揃った樹林になっています。
海辺の断崖の上は風当たりが強いので風力発電の適地、津波に襲われることはない高台です。



常緑低木のトベラ(伊師浜海岸林 茨城県日立市 2011/8/4)

岩場に咲いていた花(伊師浜海岸林 茨城県日立市 2011/8/4)

海岸植生の主役・クロマツの実(五浦海岸 茨城県北茨木市 2011/8/4)

同左



""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""