""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
宮城県松島町周辺
2011年9月28日(水)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
津波を免れた松島湾

東松島市・大高森から

五大堂

五大堂近くの海岸

宮城県松島湾内外に大小260の島が点在する松島は、日本三景の一つ。松島湾の入り口に張り出した宮戸島、桂島(奥松島と呼ばれる)と、点在する島々が 自然の防波堤となり、湾内への津波の進入を塞いでくれました。松島のシンボル・五大堂周辺は、以前と変わらず観光客で賑わっていました。その反面、宮戸島の太平洋に面した一帯や七ヶ浜町 、津波が入り込んだ塩釜湾は被害が大きく、復旧作業が続けられています。

ひがしまつしま【東松島】宮城県中部の市。南端の宮戸島には嵯峨渓・大高森があり、奥松島として名称松島の一角。 人口四万三千。(広辞苑第六版)
東松島市(ひがしまつしまし)は、宮城県中部、仙台湾沿岸に位置する市である。いわゆる「平成の大合併」における矢本町と鳴瀬町の合併によって2005年(平成17年)に誕生した。
(ウィキペディア)
東松島市:http://www.city.higashimatsushima.miyagi.jp/

松島町(まつしままち)は、日本の東北地方の一角である宮城県の沿岸地域中部に所在する町。松島湾によって太平洋に面する地域で、 日本三景の一つ「松島」の観光拠点として広く知られている。現在は七ヶ浜町および利府町と共に宮城郡を形成する。(ウィキペディア)
松島町:http://www.town.matsushima.miyagi.jp/

しおがま【塩釜】宮城県中部の市。松島湾の南西端に臨む漁港。古来の景勝地。(歌枕) 人口四万三千。行政上の市名は「塩竈市」と書く。(広辞苑第六版)
塩竈市(しおがまし、塩釜市)は、宮城県のほぼ中央、太平洋岸(仙台湾)に位置する都市である。日本有数の漁港を中心とする港町、および陸奥国一宮・鹽竈神社の門前町としての性格がある。 (ウィキペディア)
塩竈市:http://www.city.shiogama.miyagi.jp/

七ヶ浜町(しちがはままち)は、宮城県中部の太平洋沿岸に位置する町である。町域は、日本三景・松島の南部を形成している。(ウィキペディア)
七ヶ浜町:http://www.shichigahama.com/

東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html

【奥松島(東松島市)】

奥松島パークライン(県道27号)で宮戸島に渡った太平洋側の海岸沿いは津波の被害が大きく、建物や道路が流されていました。

復旧作業で瓦礫の山ができていました。奥松島パークライン(県道27号)は通行可です。

【海岸の松林】

右手の防波堤を津波は乗り越えましたが、内陸側の松林は健在でした。

上の写真の防波堤の海側には、小さい松が流されずに残っていました。
海岸沿いの松林は、高田松原や仙台空港近くの海岸のように壊滅的な被害を受けたところと、この奥松島の海岸のように残ったところがあります。 松林を直撃した津波の力の大きさによるとは思いますが、松林に津波の力を弱めてもらうために、壊滅と残った違いを考える必要がありそうです。密生して背が低い松林や背高のっぽの松林など、海岸の松林にもいろいろな個性があるので、もう少し各地の松林を見てみたいと思っています。

【七ヶ浜町多聞山の眺め】

多聞山の毘沙門堂から眺めた松島湾。
七ヶ浜町は松島湾の南を区切る半島で、先端は太平洋に突き出しています。多聞山の東裾には東北電力仙台火力発電所あり、津波の被害を受けました(右の写真)。
この七ヶ浜町の半島と奥松島の間を通り抜けた津波が高さを増して、塩釜港を襲いました。


【塩釜港周辺】

津波発生時の避難場所・マリンゲート塩釜は、ほぼ復旧しています!

塩釜港一帯は津波により大きな被害を受けました。復旧作業が続けられていますが、復旧にはまだ少し時間がかかりそうです。 それでも少しづつ日常の生活が戻りつつあるようでした。



塩釜港付近の様子

戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""