""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
福島県いわき市(その1)
2012年1月25日(水)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
被災地から塩屋崎灯台が見えたー塩屋町から


いわき市は地震と津波により大きな被害を受けましたが、事故を起こした福島第一原発にも近いので、 風評被害も大きいと思われます。観光施設はほとんど営業が再開され、どの施設でも対応がていねいで気持ちがこもっているように感じました。 いわきには優しい人が多いのか、 風評被害で観光客が減っているからなのか…。気持ちよく施設を利用できますが、まだ道路や湾岸の復旧工事が続けられていました。
2011年6月9日、南相馬からの帰りにいわき市の海岸の様子を見に行こうと思ったのですが、道路の被害が大きく、海岸への道は立ち入り禁止に なっていました。7ヶ月振りに訪れたいわき市は、道路の復旧作業が行われ走りやすくなっていますが、まだ段差などが多いようでした。 海岸沿いの津波被害が大きくて驚きましたが(あまり報道されていないので)、やはり現地へ行ってみないと本当のことはわからないようです。

いわき【磐城】(「いわき」と書く)福島県南東部の市。平市、磐城市など旧岩城(いわき)郡の十四市町村が合併して一九六六年に発足。平地区はもと安藤氏五万石 の城下町で商業の中心地。小名浜地区は港湾をもち、化学・金属工業が発達し、漁業根拠地。人口三五万四千。(広辞苑第六版)
いわき市 (いわきし) は、福島県浜通り南部にある市。中核市に指定されており、福島県内で最大の人口、および面積を持つ(人口では仙台市に次いで東北地方で第2位、面積で は鶴岡市と宮古市に次いで東北地方で第3位である)。(ウィキペディア)

いわき市:http://www.city.iwaki.fukushima.jp/

東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html

【アクアマリンふくしま】

建物の被害は少なかった「アクアマリンふくしま」の外観

「アクアマリンふくしま」は小名浜港にある施設で、建物の損傷は少なかったのですが、1階の浸水により 非常用発電機が故障し、水槽内の水温や水循環の管理ができなくなったため、海獣などは他の水族館や動物園に緊急搬送されました。が、9割の魚は死亡しました。 3.11以来、たくさんの支援を受け、復旧に努めて126日後の2011年7月15日に再オープン!
駐車場の一角には、震災で壊れた水槽に使われていた6cmのアクリル板に「ガレキ座〜私たちの海をよみがえらせる〜」という決意を刻んだモニュメントが立てられていました。


壊されたアクリル板に刻まれた文言。右下の写真がモニュメントの全景。

建物前の港湾では復旧作業が行われたいました。


駐車場の一角に建つアクリル板のモニュメント。

【いわきマリンタワー】

いわきマリンタワーは高さ59.9mの展望塔。

西側には小名浜港。


北には被災した海岸が続きます。
「いわきマリンタワー」は小名浜港の東に突き出した岬(海抜46m)に整備された三崎公園に建てられた展望塔で、スカイデッキに上ると360度の眺めが楽しめます。1986年オープン。 震災で休業していましたが」2011年7月16日に営業再開!

【塩屋崎灯台周辺】

左の防波堤を乗り越えた津波に襲われた塩屋町。大震災から10ヶ月経っても、復旧作業は進んでいないようです。


豊間海水浴場から望む塩屋崎灯台

遊歩道が通行禁止なので灯台には上れません!


いわきの冬の海ー永崎海水浴場

戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""