""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
長野県北部地震(東日本大震災翌日の大地震)による被災地
長野県下水内郡栄村  2013年6月11日(火)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

田植えが終わった青倉地区。緑に包まれたような美しい山村、遠くの山並みは鳥甲山周辺。

3.11東日本大震災の翌日の大地震で大きな被害を受けた栄村は、2年3ヶ月が経過して復旧作業も順調に進んでいるようです。 道路や橋はまだ工事中のところもありましたが、震災復興村営住宅31戸も竣工、少しづつ以前の暮らしを取り戻しつつあるようでした。 2012年6月8日はまだ幹線道路(国道117号)の復旧工事中で、あちこちで渋滞していました。が、復旧工事が終わったいま、交通量が少ないことに、ちょっとびっくり。 高齢化と人口減少、将来を担う若者の定住推進などが課題になっているようでした。

2012年6月8日の様子はこちらから。
2011年5月26、27日の様子はこちらから。

栄【さかえ】村 記載なし(広辞苑第六版)
栄村(さかえむら)は、長野県北部(北信地方)に位置する村。下水内郡に属する。2011年3月12日の長野県北部地震で甚大な被害を受けた。(ウィキペディア)

長野県 栄村:http://www.vill.sakae.nagano.jp/

【復旧の記録】
2011年5月26日2012年6月5日2013年6月11日

田んぼの復旧 震災で田んぼが水漏れし、田植えができませんでした

田植え中の田んぼ法面の復旧作業

田植えが終わった田んぼ、日本の原風景が甦りました

青倉地区・中条橋 地震で損壊

冬の大雪で真ん中から折れて落下

現在も復旧作業中

民家の復旧 JR飯山線横手駅近く、民家が倒壊

建築工事中

新築されました

落下物の処理・復旧 百合居橋近くのスノーシェッド内に大木落下

復旧工事中

きれいになったスノーシェッド

側道の復旧 国道117号青倉トンネル西側

復旧工事中

道路がきれいに甦りました


【震災復旧住宅】

青倉地区

横倉地区

村内各地に震災復興村営住宅31戸が、平成24年11月26日に竣工。集落のコミュニティーの維持、若者の定住の支援など、復興に向けての役割が期待されています。
詳細は長野県栄村/復興村営住宅

【緑の季節】



栄村の田植えの季節は、新緑が美しい季節でもあります。残念ながら春の花は終わっていますが、いろいろな樹木の実が観察できます。栄村の南部地域、苗場山と 鳥甲山の山峡には信州の秘境・秋山郷があり、自然の中を散策しながら民俗や風習に触れ、温泉も楽しめます。村内全域が緑の自然郷、放射線汚染もない()ので、福島第一原発周辺の低線量長時間被爆を強いられている 人々の体のリフレッシュの場に相応しい、という感じがしています。
)道の駅信州さかえ、で測定した地上1mの空間放射線量は(測定の詳細)
  ・駐車場(舗装)                 0.046μsv/h(0.406msv/Y)
  ・駐車場脇のトチノキの下(草地) 0.047μsv/h(0.410msv/Y)
   樹林や草原など自然界は、舗装など人工物に比べて、放射性物質の吸着力が強い傾向が
 あります。舗装と樹木下の草地の放射線量が同じということは、放射性物質の拡散がなか
 った地域です。測定値は自然界にもともとある放射線量です。
  上越国境の谷川岳(三国山脈)が福島第一原発で発生した放射能雲の拡散を防いでくれた
 と思われます。ちなみに、関越自動車道(下)谷川岳PAの放射線量は
 ・駐車場(舗装)     0.079μsv/h(0.694msv/Y)
 ・駐車場脇樹林内(草地) 0.113μsv/h(0.990msv/Y)

動画・被災地を歩く(41)
信州栄村 2013年6月11日(2分21秒)
2012年6月8日
戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""