""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
福島県南相馬市
2012年5月16-17日(木)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
鹿島区小田島の真野小学校

打ち上げられた漁船も撤去され、自然もよみがえって春らしい景色になっていました。

2011年6月初旬にボランティアに参加したので、東京育ち人間にとっては南相馬は故郷のような感じがしています。その故郷は順調に復旧しているのか気になっていたので、 ほぼ一年ぶりに出かけてみました。瓦礫撤去が進み被災の様子は少しづつ薄れているようですが、海岸部は大規模な瓦礫処理場になっていました。田んぼでは住民のみなさんが瓦礫出しをしていましたが、ボランティアの姿はないようでした。
2011年6月7日の様子はこちらから。

除染後回しの警戒区域解除に翻弄される南相馬市小高区の住民
原発事故や津波被害で現在も4万人近い住民が避難生活を強いられている福島県南相馬市――。立ち入りを厳しく制限する警戒区域や計画的避難区域の指定を政府が解除したことにより、 市内小高区など福島第一原発から20キロメートル圏内の地域でも、住民の自宅立ち入りが自由にできるようになった(宿泊は禁止)。 ただ、上下水道などインフラの復旧どころか、放射性物質の除染やがれきの撤去も未着手のままでの立ち入り禁止解除については、多くの住民が複雑な感情を抱いている。 (東洋経済 12/05/11)

みなみそうま【南相馬】福島県北東部、太平洋に面する市。相馬野馬追が行われる地域の一つ。南部の小高区はもと相馬氏の本拠地。人口七万三千。(広辞苑第六版)
南相馬市(みなみそうまし)は、日本の太平洋沿岸北部、福島県に所在する市である。いわゆる「平成の大合併」における原町市と小高町、鹿島町の3市町村 の合併によって2006年(平成18年)に誕生した。同県いわき市と宮城県仙台市の中間に位置する。面積398.50Ku。(ウィキペディア)

南相馬市:http://www.city.minamisoma.lg.jp/  東日本大震災関連情報

東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html

【右田浜海岸】

破壊された防潮堤、奥の煙突は東北電力原町火力発電所。

瓦礫処理作業、左の白い建物は海水浴場のトイレ

よみがえる緑

被災した車両、処理にはもう少し時間がかかりそうですーみちのく野球場にて

【渋佐海岸】

破壊された防潮堤。

打ち寄せる波

瓦礫処分作業中
「渋佐海岸は津波被害が市内で最も大きかったところ」、これはボランティア内のうわさ話でしたが、いまは広大な瓦礫処分場になっています。 海浜植物も復活して、いろいろな花が咲いていました。




【福島第一原発・半径20Km警戒区域(立入禁止)解除】

立ち入り禁止ゲートは撤去されましたが、警戒する警察車両が目立ちます。
警戒区域が解除されても元通りの生活に戻れるわけではなく、地元の人は切り捨てられるような感情をもつのでは、とちょっと心配しています。
この国は足尾鉱毒事件、水俣病などで被害者、患者を切り捨ててきた前科があると、歴史を振り返ってみれば、そうとしか考えられない。ある程度の年齢以上の人は、こういう国にしてしまった責任を自覚しなければならないのだろうな、と 思っています。

動画試作品・被災地を歩くF (3分09秒)

戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""