""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
茨城県北部(日立市、北茨城市)
2012年6月23日(土)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
川尻港(日立市)

川尻港(日立市)は小さな漁港。津波に襲われた市場、番屋や乗り上げた漁船などは2011年9月には復旧しました(東日本大震災写真保存プロジェクトからの情報)。 それでもまだ、傷んだ岸壁の復旧など、完全復旧には時間がかかりそうです。

茨城県内の鹿島臨海工業地帯や日立港、原子力施設が集中している東海村などに出かけても、敷地内に入らないことには必要な写真が撮れないので、 大企業などは今のところペンディング状態です。大企業といえども大震災の被害、復旧の客観的な記録を残し検証をしないと、再び福島原発事故のようなことが起こってしまいます。東海村はだいじょうぶなのかな?
という訳で、今回は国民宿舎が建つ伊師(浜)で海浜植物を観察、津波で大きな被害を受けた大津港、五浦海岸などを回ってきました。津波に流された六角堂は再建され、観光客で賑わっていました。
2011年8月4日の様子はこちらから

ひたち【日立】茨城県北東部、太平洋に面する市鹿島灘に面する市。日立鉱山を中心にして発達。電気機器・機械などの工業都市。人口十九万九千。(広辞苑第六版)
日立市(ひたちし)は茨城県の北部の市。市域の大半は旧多賀郡で一部は久慈郡である。総合電気メーカー・日立製作所の創業の地として知られる。 (ウィキペディア)
日立市:http://www.city.hitachi.ibaraki.jp/ 東日本大震災関連情報

きたいばらき【北茨城】茨城県北東端の市。常磐炭田の南部の中心地の一つとして発展。五浦(いずら)海岸は景勝地として知られる。人口五万。(広辞苑第六版)
北茨城市(きたいばらきし)は、関東の北部、茨城県の北東部にある市。(ウィキペディア)
北茨城市:http://www.city-kitaibaraki.jp/ 東北地方太平洋沖地震 災害情報

東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html

【伊師浜鵜の岬】(日立市)

鵜の岬はウミウの飛来地として知られ、近くの断崖の上には国民宿舎「鵜の岬」がある。伊師浜海水浴場や遊歩道が整備され
「快水浴場百選」や「日本の白砂青松百選」に認定されている。

海岸断崖上の樹林

トベラ

ハナボッス

【大津漁港】(北茨城市)

落ち着いた漁港のように見えますが・・・

港の復旧はこれから始まります

大津漁港は、大震災と大津波により、防波堤の流出や岸壁エプロンの沈下が所々で発生。その後、航路、泊地に流出した魚網、がれきなどを撤去し、 被害の少ない岸壁で水揚げを可能とした。ただ、大半の漁港が2013年度までの機能復旧を見込む中、大津漁港は最も被害が大きい箇所。被害額も県内漁港の中で最も大きく、国による災害査定の決定額のうち、 半分以上を大津漁港で占めている。これらのことから、県港湾課は大津漁港の水揚げ機能の完全復旧は2016年度となる見通しを立てている。ー日本工業経済新聞(茨城版)6月14日記事から。

【五浦海岸】(北茨城市)

津波に流された六角堂が再建され(2012年4月17日竣工)、観光客で賑わっていました。

五浦(いづら)海岸に建つ岡倉天心設計の文化財・六角堂は、3・11の津波で流されましたが再建され(2012年4月17日竣工)、たくさんの観光客で 賑わっていました。六角堂は岡倉天心の邸宅にあり、現在は寄贈された茨城大学の五浦美術研究所が管理、研究を行っています。東北の被災地でも観光施設が復旧すれば、観光客が訪れて活気が出てくると思います。
五浦海岸の津波被災地では復旧作業が進み、倒されたマツが撤去され、跡地に松ぼっくりがたくさん落ちていました。

【損傷した瓦屋根の復旧】(北茨城市)

大震災で損傷した瓦屋根の復旧作業は少しづつ進んでいます。が、復旧されない民家もまだ目立ちます。
2011年8月4日の様子はこちらから。

動画試作品・被災地を歩くJ (3分42秒)
戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""