""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
岩手県普代村
2012年10月17日(木)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
街を守った普代水門

3・11から1年7ヶ月後の普代水門(普代川河口部に設置された水門。高さ15.5m、幅205m)。

普代村の水門と防潮堤は、3・11東日本大震災の被害を最小限に食い止めてくれました。
『普代村は明治三陸大津波で302人、昭和三陸大津波で137人の犠牲者がありました。津波被害から村を守るため、1947年から村長を務めた和村幸得さんが 当時は一般的だった堤防の高さ10mではなく、15m級の高さにこだわりました。和村村長の切実な訴えが実り、この普代水門と普代港に造られた防潮堤 (太田名部防潮堤 高さ15.5m、総延長155m)によって、高さ20mの津波被害を最小限に食い止めることができました。(岩手日報より)』
この水門を過ぎて海岸沿いのトンネルを抜けると防潮堤が設置され、大田名部の漁港と集落を隔てています。大津波から街を守った普代村の施策から学ぶことが多いと思われます。
普代浜の津波にへし折られた松の根もとは撤去されていました。
2011年6月30日の様子はこちらから

記載なし(広辞苑第六版)
普代村(ふだいむら)は、岩手県にある太平洋に面した村である。(ウィキペディア)

普代村http://www.vill.fudai.iwate.jp/
東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html


水門から普代浜を望む

水門の上流側には「津波防災之碑」 の石碑が置かれていた

太田名部防潮堤

この高さ15.5mの防潮堤が大津波を防いでくれた(宮古市田老地区の「万里の長城」と称された防潮堤の高さは10m)

防潮堤の海側は太田名部漁港

防潮堤の山側は太田名部集落

動画試作品・被災地を歩くN (1分16秒)
戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""