""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
岩手県宮古市姉吉地区
2012年10月17日(水)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
『石碑の教え』を守った集落

大津浪記念碑
此処より下に家を建てるな・・・先人の石碑、集落救う

「此処より下に家を建てるな」――。

 東日本巨大地震で沿岸部が津波にのみこまれた岩手県宮古市にあって、重茂半島の姉吉地区(12世帯約40人)では全ての家屋が被害を免れた。1933年の昭和三陸大津波の後、 海抜約60メートルの場所に建てられた石碑の警告を守り、坂の上で暮らしてきた住民たちは、改めて先人の教えに感謝していた。

「高き住居は児孫の和楽、想え惨禍の大津波」

 本州最東端のとどヶ崎灯台から南西約2キロ、姉吉漁港から延びる急坂に立つ石碑に刻まれた言葉だ。結びで「此処より―――」と戒めている。

 地区は1896年の明治、1933年の昭和と2度の三陸大津波に襲われ、生存者がそれぞれ2人と4人という壊滅的な被害を受けた。昭和大津波の直後、住民らが石碑を建立。その後は全ての住民が石碑より高い場所で暮らすようになった。

 地震の起きた11日、港にいた住民たちは大津波警報が発令されると、高台にある家を目指して、曲がりくねった約800メートルの坂道を駆け上がった。巨大な波が濁流となり、漁船もろとも押し寄せてきたが、その勢いは 石碑の約50メートル手前で止まった。地区自治会長の木村民茂さん(65)「幼い頃から『石碑の教えを破るな』と言い聞かされてきた。先人の教訓のおかげで集落は生き残った」と話す。

 YOMIURI ONLINE(2011年3月30日07時22分 読売新聞)



3・11東日本大震災後、先人の教えを守り高台で暮らしていた宮古市姉吉地区の集落は津波の被害を受けなかった、という報道がありました。姉吉地区は岩手県東部、三陸海岸最大の重茂(おもえ)半島の 東端に位置しています。どんな地形、自然のところなのか見ておきたいと想っていましたが、ようやく行くことができました。宮古市津軽石から入るにしろ、山田町から入るにしろ、細いくねくね道路を車で40分ほど走らなければなりません。かなり辺鄙なところでした。

姉吉の記載なし(広辞苑第六版)
大津浪記念碑(おおつなみきねんひ)とは、1933年(昭和8年)の昭和三陸地震による津波の後で、岩手県宮古市重茂姉吉地区に建てられた石碑(災害記念碑)である。 (ウィキペディア)


宮古市http://www.city.miyako.iwate.jp/
東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html

【姉吉集落から姉吉魚港へ】

姉吉集落

姉吉集落は小沢沿いに民家が点在しています。標高は80mほど。集落を抜けるとすぐ(50mほど?)左手に『大津浪記念碑』が立っています。 さらにその下50mほどのところに、3・11東日本大震災の津波到達地点の石碑が設置されていました。


3・11津波到達地点の碑

ここから漁港へ下って行きます

漁港へはV字谷のような窮屈なところを下りますが、景色が変な感じでした。道路の両側に露出した岩肌が続くのは、津波の爪痕!



集落から漁港までは800mほど、漁港から集落へ急ぎ足で上ると息が切れそうな急な坂道です。


姉吉漁港は復旧作業中でしたが、ちょうど昼休みで静かでした

動画試作品・被災地を歩くP (1分48秒)

戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""