""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
宮城県岩沼市、亘理町、山元町
2012年11月7、8日
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
岩沼市 11月7日(水)




【千年希望の丘プロジェクト】実証実験
震災で市面積のほぼ半分が津波で冠水した宮城県岩沼市は、昨年9月にまとめた復興計画に「千年希望の丘」構想を盛り込んだ。がれきを使って盛り土した、高さ10〜20メートルの複数の丘を沿岸部に築き、 丘の上に高木も含めた樹林を作る。希望の丘は津波対策だけではなく、 防災意識を後世に伝えることや、市民が憩える公園としての役割もある。がれき撤去にめどが付いたことから、今年度中に整備計画を作成し、来年度にも着工する。
「千年希望の丘」の創造に向けた試験的な取り組みとして矢野目臨空工業団地内の臨空南公園に、高さ約4メートル、大きさ約2千平方メートルの丘を造成し、 植物生態学者の宮脇昭先生の指導のもと植樹祭を行いました。平成24年5月26日に行われた 植樹祭には市民ら約1000人が参加、仙台空港の南側に広がる公園の敷地約2000uにシラカシやタブノキなどの広葉樹の苗木約6000本を植えた。
―2012年5月5日の毎日新聞「森の防潮堤」計画の特集記事、岩沼市ホームページ、ネット情報などから

岩沼市の被災地

いわぬま【岩沼】宮城県南東部の市。奥州街道と陸前浜街道が分岐する宿場町から発達。北部に仙台空港がある。 人口四万四千。(広辞苑第六版)
岩沼市市(いわぬまし)は、宮城県南部の太平洋沿岸、阿武隈川河口の北岸に位置する都市である。(ウィキペディア)
岩沼市:http://www.city.iwanuma.miyagi.jp/

亘理町 11月8日(木)

被災地に懸かる虹ー吉田浜にて

この日は日射しはあるものの、暴風雨という荒れ模様の天気でした。傘を差して撮影をしていたら、突風にあおられて傘がおちょこ!でも、一日中美しい虹が懸かっていました。
2011年3月11日14時46分ごろ、三陸沖を震源に国内最大M9.0の地震が発生し、亘理町では震度6弱を観測。地震に伴う津波で壊滅的な被害を受け、宮城県災害対策本部発表によると、2012年2月29日現在で死者257人、 行方不明者12人の人的被害を受けた。―Yahoo!ニュース
荒浜地区

堤防の復旧作業
宮城県亘理町荒浜を流れる阿武隈川の堤防のかさ上げ計画が、地元住民に波紋を広げている。国土交通省は東日本大震災の津波を教訓に堤防の高さを現在より1メートル高くし、 のり面幅を拡大する方針で、流域の家屋が立ち退きを迫られる。理解を示す住民は多いが、津波による流失を辛うじて免れた家屋の住民からは移転に反発する声が上がっている。― 河北新報 2012年06月13日水曜日

亘理町立荒浜中学校
荒浜中学は東日本大震災の津波により、一階天井までが浸水する被害を受け、現在は4-5km程内陸の、 逢隈中学校の一部を間借りして授業を行っています。同様に周囲の集落も、家屋が殆ど残っていない程の甚大な被害を受けました。 その為、全校生徒101人のうち70人が未だ複数の避難所乃至仮設住宅で生活し、そこから通学しています。一番遠い生徒は10km以上もの道程を通わねばならず、 家庭の自動車も津波で流され送迎が思うようにならない中、移動手段としての自転車は必須の状況でした。その様な状況下において 森村商事としてささやかながら現場のニーズにあった支援を実施する事が出来たと思っております。―「今私たちにできること」被災地救援レポート

亘理町(わたりちょう)は、宮城県南部の太平洋沿岸、阿武隈川の河口に位置する町。 温暖な気候を利用しての果樹・花卉栽培が盛んであり、特にイチゴが名産である。郷土料理のはらこ飯は近年農山漁村の郷土料理百選に選出された。 隣接する山元町とは平成14年(2002年)11月から合併に向けて協議が行われたが決裂した。県から代替案として名取市・岩沼市・亘理町・山元町を合併する案が示されたが、 人口規模のみを基準とする案であったため具体的な協議が行われることも無かった。(ウィキペディア)
亘理町:http://www.town.watari.miyagi.jp/

山元町 11月8日(木)

中浜地区の復旧車両

瓦礫処分場
山元町の東日本大震災の被害は、死者 632人、行方不明者 1人、家屋全壊 2,217棟(うち流出1,013棟)、浸水範囲面積 24ku(総面積64.48kuの37.2%)… 8年後のまちの姿を『キラリやまもと!みんなの希望と笑顔が輝くまち』 と定めた、山元町震災復興計画が作られてます。―山元町公式サイトより
海岸沿いの中浜地区では大規模な復旧作業が行われていて、海岸道路から海岸への交差点には必ずガードマンが立っていました。 被災した海岸の中浜小学校や、津波でできた湾地形などを災害遺構として残す、というジオパーク構想もあるようです。

山元町(やまもとちょう)は、宮城県の東南端の太平洋沿岸に位置する町である。
山元町:http://www.town.yamamoto.miyagi.jp/

東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html


戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""