""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
千葉県旭市
2012年12月1日(土)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
千葉県の津波被災地

飯岡行部岬展望台から飯岡漁港(手前)と飯岡海岸を望む。この日は天気が不安定で、雷雨・暴風に見舞われました。

2011年3月11日の東日本大震災では、震源から遠く離れた千葉県旭市の海岸にも津波が到達し、特に飯岡地区は大きな被害を受けました。
今回は3回目の旭市行きで、前回と同じように県道30号(九十九里ビーチライン)を通って復旧の様子を見てきました。 飯岡海岸は「下永井海岸なぎさリフレッシュ事業」で駐車場、トイレなどの復旧が進み、寒さにも関わらずサーファーがたくさん来ていました。 飯岡漁港も出漁した漁船が戻ってきていたので、復旧作業は順調に進んでいるようです。津波の被害が大きかった飯岡地区の家屋、街並みの復旧は遅れているようですが、 復旧復興をどう進めるのか、などの方針がまだ決まっていないのかも知れません。

2012年2月24日の様子はこちらから
2011年7月22日の様子はこちらから


あさひ【旭】千葉県北東部、九十九里浜北端の市。近世、米と海産物の集散地として繁栄。十日市場とも呼ばれる。人口七万一千。(広辞苑第六版)

旭市(あさひし)は、千葉県の北東部にある市。人口は約7万人。九十九里浜の最北端に面しており、夏季には海水浴客で賑わう。 (ウィキペディア)

旭市http://www.city.asahi.lg.jp/____旭市復興計画(pdfファイル)
東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html

【飯岡漁港ー行部岬展望台から】

海岸の復旧作業が進んだので、漁港もすっきりした様子でした

2011年7月22日 瓦礫置場になっていました

2012年2月24日 復旧用消波ブロック製造場になっていました

【飯岡海岸】

「下永井海岸なぎさリフレッシュ事業」で、トイレ、駐車場などの復旧が進み、寒さにもかかわらずサーファーがたくさん来ていました
飯岡海岸一帯は下永井海岸と呼ばれるようになるのでしょうか?

2012年2月24日 トイレ復旧作業中(海側から)

2012年12月1日 きれいなトイレが完成していました(陸側から)
復旧作業

2011年7月22日 瓦礫が残っていました

2012年2月24日 瓦礫が撤去され本格的な復旧工事が始まっていました

2012年12月1日 海岸と県道30号の間の復旧工事
飯岡海岸はサーファーに人気の海岸で、最低限の施設は復旧したので、サーファーがたくさん 来ていました。サーファー向けの食堂、シャワー、コインランドリーなどはまだ復旧していません。

【飯岡の街並み復旧】

2012年2月24日

2012年12月1日 あまり変化がありません

県道30号沿いの、食堂の復旧(新築)工事

海水浴やサーファー客の食堂などが復旧すると、活気がでそうです

【旭市から九十九里浜を南下してみました】
匝瑳市・吉崎浜

寄せては返す波の動きに合わせながら、チドリが餌をついばんでいました
匝瑳市・野手浜

海とマツ林を隔てる砂丘、これが九十九里浜の原形だと思いました
匝瑳市・堀川浜

復旧工事の土嚢が並ぶ海岸に、虹が架かりました
横芝光町・木戸浜

海岸の砂丘、砂浜が広くマツ林はちょっぴり残っています
山武市・蓮沼海岸

砂浜とマツ林を隔てる砂丘、砂浜が広いので全体を一枚で写すのは難しい海岸です

動画試作品・被災地を歩く(23)  (1分25秒)
________________海辺のチドリ (31秒)

戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""