""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
福島県いわき市久之浜
2012年12月6日(木)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
久之浜の津波被災地

防潮堤から望む津波被災地。小さな神社が残り、防潮堤には花が手向けられていたーこれは、2012年2月28日と同じ状況でした。

久之浜(ひさのはま)の海岸部は津波で大きな被害を受けましたが、まだ復旧作業はあまり進んでいないようでした。復興計画では6.2mだった防潮堤を7.2mにする護岸工事が計画され、 平成25年6月の完成予定になっています。殿上崎という小さな岬を回り込んだ津波が勢力を増したような感じがします。千葉県旭市の津波被害が大きかったのは、犬吠崎を回り込んだ津波が勢力を増 したようなので、地形的に同じようなメカニズムが働いたのでは、と想像しています。
2012年2月28日の様子はこちらから


久之浜はいわき市の最北端、双葉郡広野町に隣接しています。あまり報道がなかったため、津波の被害が大きかったことを知りませんでした。 津波で火災が発生、さらに、福島第一原発から30kmという位置。津波、火災、原発事故という三重の被害に見舞われた街といわれています。

いわき【磐城】(「いわき」と書く)福島県南東部の市。平市、磐城市など旧岩城(いわき)郡の十四市町村が合併して一九六六年に発足。平地区はもと安藤氏五万石 の城下町で商業の中心地。小名浜地区は港湾をもち、化学・金属工業が発達し、漁業根拠地。人口三五万四千。(広辞苑第六版)
いわき市 (いわきし) は、福島県浜通り南部にある市。 中核市に指定されており、福島県内で最大の人口、および面積を持つ。人口では仙台市に次いで東北地方で第2位、面積では鶴岡市と宮古市に次いで東北地方で第3位である。(ウィキペディア)

いわき市:http://www.city.iwaki.fukushima.jp/ 復興計画策定への取り組み

東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html


見渡す限り津波被災地が広がる光景も、2012年2月28日と変わりません。

【久之浜漁港】
漁港は平穏さ取り戻したようですが、港の一角に積み上げてある被災漁船は増えているようでした。放射線の影響で処理が進まないのかも知れません。
久之浜の街並みの北に突き出した殿上崎の奥に隠れるように、久之浜漁港があります。「いわき市の最北端に位置し、波浪による船舶被害が多かっため、避難地として指定を受けた避難港。 近海・沿岸漁業が盛んで、いわきでも有数の水揚げ高を誇り、常磐沖の魚として首都圏方面へ出荷され、久之浜ブランドを定着させている」(久之浜町商工会のHP)。

【高台から望む久之浜の街並み】

手前にJR常磐線、その奥は幹線道路の国道6号線。街並みの奥の崖が殿上崎で、その奥に久之浜漁港があります。

【道の駅よつくら港】

被災した漁船

消波ブロック製造所
帰りがけにトイレ休憩に立ち寄った道の駅も被災して、館内のトイレは使えず外の簡易トイレを使うようになっていました。近くには被災した漁船が積み上げられ、海岸復旧工事に使う消波ブロックが 大量に造られていました。

動画試作品・被災地を歩く(25) (3分12秒)

戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""