""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
茨城県北部
2013年2月14日(木) 線量測定B
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
【東海テラパーク】(東海村)

みなさんに来て見て知ってほしい・・・ー日本原子力発電株式会社
【東海テラパーク】:http://www.japc.co.jp/gendenkan/tokai/index.html

東海村は1957年8月、日本で初めて原子の火が灯った村で、国道245号沿いには原子力関連の施設が連なっています。見学できる施設が2,3あるようですが、道案内が出ていたのはこの 「東海テラパーク」だけでした。「東海テラパーク」は広い敷地、館内はゆったりとした展示で、時間をかけて見学すれば原発のこと(メリットとデメリットも)がよくわかりそうでした。 見学者はほとんどなく、閑散としていました。

「東海テラパーク」の近く、国道245号の虚空蔵尊入口交差点には駐車スペース、トイレがあるので、ここで放射線量の測定をしてみました。が、線量計とタブレット端末の bluetooth通信が機能しなかったので、測定記録は残せませんでした。
参考までにこの駐車場の【地上1mの放射線量】___0.130μSv/h(1.139mSv/Y)。
(測定の詳細)


2012年6月23日の様子はこちらから
2011年8月4日の様子はこちらから

とうかい【東海】茨城県北東部、太平洋岸の村。一九五五年原子力研究所を設置。日本で最初に原子力発電所を建設。(広辞苑第六版)
東海村(とうかいむら)は、茨城県北部の村。那珂郡に属する。(ウィキペディア)
東海村:http://www.vill.tokai.ibaraki.jp/

ひたち【日立】茨城県北東部、太平洋に面する市鹿島灘に面する市。日立鉱山を中心にして発達。電気機器・機械などの工業都市。人口十九万九千。(広辞苑第六版)
日立市(ひたちし)は茨城県の北部の市。市域の大半は旧多賀郡で一部は久慈郡である。総合電気メーカー・日立製作所の創業の地として知られる。 (ウィキペディア)
日立市:http://www.city.hitachi.ibaraki.jp/

たかはぎ【高萩】茨城県北東部、太平洋に臨む市。明治期より常磐炭田の開発により発達したが、炭鉱は一九七山年閉山。現在は畜産のほか、製紙、製材が盛ん。人口三万三千。
(広辞苑第六版)
高萩市(たかはぎし)は茨城県の北東部に位置する市である。明治以降炭鉱の町として栄えていたが、現在は木材加工が中心となっている。 (ウィキペディア)
高萩市:http://www.city.takahagi.ibaraki.jp/

きたいばらき【北茨城】茨城県北東端の市。常磐炭田の南部の中心地の一つとして発展。五浦(いずら)海岸は景勝地として知られる。人口五万。(広辞苑第六版)
北茨城市(きたいばらきし)は、関東の北部、茨城県の北東部にある市。(ウィキペディア)
北茨城市:http://www.city-kitaibaraki.jp/

東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html

【久慈川左岸、日立港の復旧作業】

久慈川に近い日立港の復旧作業 ________________________【地上1mの放射線量】___0.103μSv/h(0.902mSv/Y)

久慈川の堤防

久慈川左岸の道路

久慈川左岸の堤防、道路、日立漁港などの復旧工事が盛大に行われていました。日立市内でも道路工事が行われ、大渋滞で市内を抜けるのに時間がかかりました。

【伊師浜海水浴場】(日立市伊師)

冬の伊師浜海水浴場ー国民宿舎「鵜の岬」駐車場から

日立市伊師の海岸には、鵜の岬に国民宿舎が建ち、海水浴場や海浜樹林内の遊歩道が整備されています。海岸樹林など自然環境に変化があって 楽しいところです。3.11東日本大震災の被害は、風評被害を除けば、小さかったようです。


海岸の岸壁の上に建つ国民宿舎「鵜の岬」ー伊師浜海水浴場から
国民宿舎【鵜の岬】:http://www.unomisaki.com/

【地上1mの放射線量】
国民宿舎「鵜の岬」の駐車場
0.182μSv/h(1.594mSv/Y)
伊師浜海水浴場
0.073μSv/h(0.636mSv/Y)
海浜樹林・松林の中
0.500μSv/h(4.380mSv/Y)
海岸樹林の展望地
0.139μSv/h(1.219mSv/Y)


【高萩市の海岸】

花貫川近くの海岸 _______________________________【地上1mの放射線量】___0.124μSv/h(1.084mSv/Y)

【大津港】(北茨木市)

大津港では復旧作業が本格化しています_______________________【地上1mの放射線量】___0.077μSv/h(0.675mSv/Y)



【五浦海岸・六角堂】(北茨木市)

海岸の岩場に建つ六角堂。3.11東日本大震災の津波で流されましたが、再建されました。この日は団体客などで賑わっていました。

五浦(いずら)海岸に移り住んだ岡倉天心は邸宅、六角堂などを整備しました。現在は天心遺跡・茨城大学五浦美術文化研究所として維持、管理されています。
【五浦六角堂】:http://www.ibarakiguide.jp/db_kanko/?detail&id=0800000000042

入口の長屋門

五浦海岸
天心邸宅前の【地上1mの放射線量】___0.247μSv/h(2.165mSv/Y)

【茨城・福島県境】

茨城県から福島県いわき市に入ります __________________【地上1mの放射線量】___0.144μSv/h(1.256mSv/Y)

【勿来海岸】(福島県いわき市)(勿来海水浴場近く)

防波堤の大規模復旧工事が行われていました_____________________【地上1mの放射線量】___0.061μSv/h(0.536mSv/Y)

動画試作品・被災地を歩く(30)
六角堂を見に行く(2分17秒)
鵜の岬 (35秒)
戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""