""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
福島県相馬郡飯舘村
2013年4月15,17日(水) 線量測定F
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
県道12号線が通る臼石地区

放射線量が高かった臼石地区。東北道方面から南相馬市への幹線道路・県道12号線が通っています。
【地上1mの空間線量】 臼石小学校下の舗装道路(この画像の撮影地点) 2.921μSv/h(25.584mSv/Y)
_______________________________________________________舗装道路脇の草地____________________4.100μSv/h(36.041mSv/Y)
__________________(測定の詳細)

村は2012年7月17日から、新たに避難指示解除準備区域・居住制限区域・帰還困難区域の3つの避難指示区域に再編されました。 これにより、避難指示解除準備区域と居住制限区域では、製造業や金融機関、ガソリンスタンドなどの一部の事業所の再開が申請により認められます。 また、帰還困難区域に設定された長泥行政区では、区域へ至る道路6カ所に放射性物質の拡散防止や防犯のため、バリケードが設置されました。帰還困難区域へは、長泥行政区の住民と見守り隊や警察、 消防等以外の一般の立入りはできませんのでご注意ください。(飯舘村の情報サイトより)
長泥地区は立ち入り禁止、その他の地区は立ち入りは出来ますが宿泊は不可、となっているようです。 放射線量が高く除染作業で線量を低くするのは難しそうなので、村外に避難している人たちの生活支援に力を入れることが必要だと、飯舘村を通ると感じます。

2012年5月16日の様子はこちらから

いいたて【飯舘】村 記載なし(広辞苑第六版)
飯舘村(いいたてむら)は、日本の東北地方の一角、福島県の相馬郡に所在する村。(ウィキペディア)

飯舘村:http://www.vill.iitate.fukushima.jp/index.html 震災関連情報サイト

東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html


人気がない草野地区の商店街

【県道12号を走る】

川俣町から飯舘村へ
【地上1mの空間線量】
石碑下の草地 1.117μSv/h(9.785mSv/Y)

南相馬市に抜ける八木沢峠近くの芦原地区
【地上1mの空間線量】
県道12号道路脇の駐車スペース 2.295μSv/h(20.104mSv/Y)

【飯舘村は自然豊かな山村…だった!】

放射線量が高くて人が住めないこの景色を眺めれば、原発を稼動させたい人間はいないはず、と思わざるをえません。

川俣町飯坂に2012年3月末に完成した草野、飯樋、臼石の3小学校の合同仮設校舎で2013年4月8日に入学式が行われました。

動画・被災地を歩く(34) 飯舘村 2013.4.15 (52秒)

戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""