""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
福島県須賀川市
2013年5月23日(木) 線量測定N
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
決壊した藤沼ダム

決壊した藤沼ダム、まだ復旧作業は始っていませんでした

側壁の崩落

干上がった藤沼湖には草木が生えてきました

藤沼湖の放射線量
【地上1mの空間線量】湖岸舗装道路__0.403μSv/h(3.527mSv/Y)


湖岸の樹林内__0.715μSv/h(6.263mSv/Y)

東日本大震災が発生した3月11日、福島県内陸の須賀川市の藤沼ダムが決壊しました。被害が大きかったという報道を見て、2011年5月2日に様子を見に行ってみました。 その時に、どのように復旧作業が進められるのかを記録に残そう、年一回は様子を見に来ようと考えて、今回が3回目の藤沼湖でした。が、復旧作業はまだ始っていませんでした。
「農業用水を確保するために藤沼ダムは必要ですが、再開を決めるにあたっては被災した方々の心情に配慮し、理解を得なければなりません」(須賀川市農政課)。ダム以外の 復興支援、広範囲の除染など、行政が進める課題が山積しているので、藤沼ダムの復旧に取り掛かるにはまだ時間がかかりそうです。
 藤沼湖自然公園

2012年5月17日の様子はこちらから
2011年5月2日の様子はこちらから

すかがわ【須賀川】福島県南部、阿武隈川上流にある市。もと奥州街道の宿駅・市場町。農産物の集散地。人口八万。(広辞苑第六版)
須賀川市(すかがわし)は、日本の福島県(旧・陸奥国南端部)、その中央を南北に広がる中通り地方の、中央辺りに所在する市。(ウィキペディア)

須賀川市:http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/ 

東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html

須賀川市の放射線量
須賀川市は放射線量が高いといわれているので、要所で線量を測定してみました。国際放射線防護委員会(ICRP)では、「平常時における一般公衆の線量限度を 年間1ミリシーベルト(1mSv/Y)以内とすること」と勧告しています。低線量長期間被爆の健康への影響は不透明なので、放射線量の基準は厳しいほど安心です。
__(放射線量測定の詳細)__ (福島県の放射線量測定MAP)  

・天栄村、須賀川市境界 国道118号

【地上1mの空間線量】舗装面__0.488μSv/h(4.275mSv/Y)

道路脇の植林内部__0.623μSv/h(5.456mSv/Y)

・須賀川アリーナ

【地上1mの空間線量】駐車場舗装__0.217μSv/h(1.901mSv/Y)

駐車場脇の樹木の下__0.341μSv/h(2.989mSv/Y)

・須賀川牡丹園

須賀川牡丹園の入口。入園者はたくさんいましたが、牡丹は花期を過ぎていて、残り花がちらほら咲いているだけでした。
入口周辺の赤松林が魅力的でした。

【地上1mの空間線量】園内の遊歩道__0.141μSv/h(1.232mSv/Y)

咲き残っていた牡丹

動画・被災地を歩く(40)
決壊した藤沼ダム 2013年5月23日 (1分41秒)

戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""