""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
ちょっと一服 海岸の原風景
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
海岸の原生自然を発見?

千葉県匝瑳市・野手浜(九十九里浜) 2012年12月1日

・海岸の砂浜には天然の防潮堤(砂丘)が形作られ、海と陸を隔てている。砂丘の陸側のマツ林は、高山のハイマツ帯のように、背が低く密生している。
・津波に対しては、コンクリで固めた防潮提と、この柔構造の砂丘とマツ林では、どちらが被害を少くしてくれるのだろうか。


人工の防潮提

福島県南相馬市・渋佐海岸 2013年4月15日
防潮堤の海側には消波ブロック(*)が設置されている。

福島県いわき市・久之浜海岸 2013年3月6日
沖合には離岸提(*)が設置されている。

福島県いわき市・新舞子浜海岸 2013年1月18日
海岸のマツは潮風に耐えるように匍匐型で、すらりとした高木にはならないらしい。こちらの沖合にも離岸提が設置されている。

(*)消波ブロック(しょうはーブロック)
消波のために海岸などに設置されたコンクリートブロック。波消しブロック。4本の足からなるテトラポッドが一般的だが、6本や8本足、中空の三角錐(すい)や立方体のものもある。
(*)離岸提(りがんーてい)
海岸から離れた沖合に、海岸線とほぼ平行に設けられる構造物。波の力を弱め、漂砂の量を抑えることにより、砂浜を維持し、回復させる効果がある。
【デジタル大辞泉の解説】

河川にダムや堰堤を造ったため、海岸に土砂が供給されず砂浜が痩せる(貧砂現象)ので、沖合に離岸提が設置される。海岸に人工物があると、日本の海岸の景観が壊れてしまう。 津波にも強く(たぶん)、美しい日本の海岸線を取り戻すためには、河川のダムや堰堤を撤去しなければならないようなので、ちょっと大変。でも、科学先進国の日本では、 やる気になれば、簡単にできてしまうのかも知れません、ね。


戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""