""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
岩手県普代村
2011年6月30日(木)
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
村を守った普代水門

普代川河口部に設置された水門。高さ15.5m、幅205m。

普代村は明治三陸大津波で302人、昭和三陸大津波で137人の犠牲者がありました。津波被害から村を守るため、1947年から村長を務めた和村幸得さんが 当時は一般的だった堤防の高さ10mではなく、15m級の高さにこだわりました。和村村長の切実な訴えが実り、この普代水門と普代港に造られた防潮堤 (太田名部防潮堤 高さ15.5m、総延長155m)によって、高さ20mの津波被害を最小限に食い止めることができました。(岩手日報より)

記載なし(広辞苑第六版)
普代村(ふだいむら)は、岩手県にある太平洋に面した村である。人口3,071人。(ウィキペディア)

普代村http://www.vill.fudai.iwate.jp/
東日本大震災の被害者数 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362.html
東日本大震災の地域別被災状況(臨海部) http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4362a.html


水門から河口方面

上流から松林越しの水門

壊滅した松林

普代川河口・普代園地にて

海岸には飛砂防止のため、潮害に強い松林が植栽されています。 高田松原は樹齢300年を超える約7万本の松(アカマツとクロマツの混交林?)が続く観光地でしたが、大津波で壊滅状態。普代村のこの松林も壊滅状態。 背が高くすらりと育った松林は津波に弱いようです。
海岸沿いには、福島県いわき市新舞子浜のハイマツ帯のような、背が低いクロマツ林を整備し たほうが、津波には強そうです。が、クロマツは松枯病に罹りやすいといわれているので、海岸の防砂、防潮林には何を植えたらいいのだろうか?

戻る

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""